新築:注文住宅・リフォーム・リノベーション・不動産売買、住まいに関する事をトータルサポート!対応エリア:兵庫県南西部(神戸市 姫路市 高砂市 加古川市 たつの市 太子町 相生市 加西市 小野市 加東市 三木市 明石市 播磨町 稲美町 神崎郡 宍粟市 )お気軽にご相談ください

ブログ更新情報

キャプテンブログ

 

 

 お知らせ一覧

 

 

【新築】

 

 

【サポートクラブ】  

 

 

 【リフォーム】

リフォーム ホームプロ

 

 

  

 施工事例集

 

 

対応エリア 神戸・明石・加古川・高砂・姫路・太子・たつの・小野・三木

営業時間 9:00~18:00

 定休日になります

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

>
基礎

安全・安心への取り組み>基礎

 

基礎

 基礎全体に鉄筋を配した鉄筋コンクリートベタ基礎

基礎全体に鉄筋を配した「鉄筋コンクリートベタ基礎」

ベタ基礎が標準となっています。ベタ基礎にすると建物が地面に沈みこむ力を小さくすることができま

す。地盤に対して建物の荷重が均等に働きますので、不同沈下の心配もなくなります。 又、ベタ基礎にすることで、カビや

シロアリ発生の原因となる床下の湿気対策になります。 

 

ベタ基礎     基礎全体に鉄筋を配した「鉄筋コンクリートベタ基礎」


 

  住宅のベタ基礎
一般的な住宅布基礎(公庫基準)とオーパス高砂基礎

 

鉄筋を配した鉄筋コンクリート

 

基礎の構造は、確認された地盤の強度と構造計算に基づき、十分な鉄筋を配した鉄筋コンクリートベタ基礎を採用。

建物の荷重が均等にかかるため強い!だからトリプル断熱&自然素材の家の建物は地震に強いのです。
 

自然の風が床下全体を走り、木を活かす「基礎パッキン工法」

「基礎パッキン工法って?」

「基礎パッキン工法」とは、厚さ2cmほどのポリプロピレン複合材である「基礎パッキン」を、基礎コンクリートと土台の間に一定間隔で挟み込んでいく床下換気工法です。「基礎パッキン工法」では土台が基礎コンクリートから浮き上がった状態となり、その隙間から床下の換気が行われる構造となります。従来工法のように基礎コンクリートに床下換気口を開けないため、基礎工事部分の強度を損なわず、しかも従来工法の1.5~2倍の換気性能を発揮することができます。また、土台が基礎コンクリートと接触していないため、土台の耐久性も向上します。「基礎パッキン工法」は、阪神淡路大震災の反省をもとに急速に広がった床下換気工法で、地震が多く高温多湿な日本には最適な工法と言えます。
いままでの工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮。従来工法では換気できない床下の入組んだコーナーの隅々まで湿気を残さず排湿し、乾燥した理想的な床下環境をつくります。
 

従来工法(通気口) 基礎パッキン工法
従来工法(通気口) 基礎パッキン工法

 

いままでの工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮。従来工法では換気できない床下の入組んだコーナーの隅々まで湿気を

残さず排湿し、乾燥した理想的な床下環境をつくります。

 

風が行き届かない基礎 常に開放面、土台が腐る原因を基からつくらない
コーナー部分は湿気がこもりやすい 全周通気でコーナー部分もすっきり喚起

 

シロアリ被害の一例

 

シロアリ被害の一例
床下はシロアリの好物の木材が多くあり、また外気にさらされず暗く湿度が高いため、地面から建物内部に侵入する外骨格を持たないシロアリにとって絶好の環境です。シロアリはわずかな隙間からも侵入するため、床下がコンクリートでも被害が確認されています。
・ムラのない全周換気でコーナーの隅々まで換気します。
・床下の乾燥状態を維持し、腐朽菌の発生を未然に防ぎます。
・土台がコンクリートの水分を吸収するのを防ぎます。
・土台の適度な乾燥化により腐れを防ぎ、シロアリが寄り付きにくくなります。

 

 【基礎への外断熱についての考え方】 

トリプル断熱&自然素材の家では、基礎への外断熱工法を使用しません。当社は住宅のメンテナンスを通じて、日本の風土に適した家づくりのために日本古来からの建築手法を取り入れ、基礎、床下はとにかく風が抜ける事が一番良いと信じています。床下を密閉したり、プラスチック系の板状断熱材で家をぐるぐる巻きにするような工法は一部、遮熱目的の利用では効果は大ですが、家中ぐるぐる巻きにして魔法瓶のようにしてしまうので、自然の理に反した生活をしていることになります。

床下は全て風が吹きさらしです。理論としては、基礎の中、床下を密閉してしまい、まるで井戸の中のような温度を保つという事は理論上わかるのですが、基礎打設した生コンクリートが乾くまで2~3年かかると言われています。(実際RC造マンションの新築は結露が多いことで有名)これで完全に塞いでしまう外断熱工法では、生コンから発生する水分の逃げ道がなく、当然、水分は室内に向かおうとします。
又、床下の木材が水分を吸収してしまい、そのままの状態で維持する事になります。これが腐食等の原因につながったりしないのか?などと心配します。白カビの発生等も心配です。

白蟻の発生も気になります。湿気を好み、コンクリートすら突き破ってきます。大きな冷凍倉庫等ならば、このプラスチック系板状断熱材でぐるぐる巻きにして、冷凍倉庫内の温度を超大型の冷却装置で室温を保つことは理解できます。確かに理論上はこの断熱方法で、機械式換気に頼る方法が良いと言う結果は出ているようですが、まだこの断熱方法での建築歴史も浅いゆえ、どうしても素直に取り組む事が出来ませんでした。あらゆるメーカーから誘いはきたのですが、拒否してきました。北欧のように厳寒地帯で湿度の少ないところでは致し方ないと思うのですが・・・。その北欧ですら、グラスウールの充填式です。床下を風がビュービュー吹き抜けることは、建物には良いが、床断熱においては相反します。
そこで遮熱という事において、当社では床下の断熱材には、押出法ポリスチレンフォーム保温板である「カネライトフォーム」を使用し、その上に、断熱性に優れている無垢のパインフローリング30㎜を施工しています。(無垢の木は、鉄の約265倍もの断熱効果があります。)
兵庫県南部の地域を知り、日本の風土を知れば・・・先人の知恵を優先します。オーナー様からもわずかな暖房で冬も快適と喜んでいただいています。