新築:注文住宅・リフォーム・リノベーション・不動産売買、住まいに関する事をトータルサポート!対応エリア:兵庫県南西部(神戸市 姫路市 高砂市 加古川市 たつの市 太子町 相生市 加西市 小野市 加東市 三木市 明石市 播磨町 稲美町 神崎郡 宍粟市 )お気軽にご相談ください

>
>
耐久について

安全・安心への取り組み>耐久への安全・安心

耐久への安全・安心

耐久への安全・安心木材にとって過剰な水分は、木を腐らせ、シロアリやカビの発生を促進し、 住まいの大切な柱などの構造部分をむしばんでいく原因となります。せっかく耐震強度の高い家を建てても、湿気や結露への対策を行っていないと意味がないのです。日本は夏に湿度が高く(空気中の水分量が多い)、冬は加湿や結露により水分が充満します。 さらに最近では技術の発展により住まいの気密が高くなり、 夏でも結露が発生しやすくなりました。結露は室内と室外の温度差によって発生するので、 換気・調湿が十分にされていないと水分は過剰なまま室内や壁内に残り、家の<寿命を短くする原因を呼び寄せるのです。重要なのは、家が呼吸するということ。断熱材がビニールやガラス繊維のようなものを使用していればどうでしょうか?カッパを着ているのと同じ状態です。湿気がこもり水滴が出来てしまいます。では呼吸をし、調湿する素材であればどうでしょうか?大切なのは、『家が呼吸をする』ということです。

 

 

湿気・結露対策
住まいの耐久性を高める上で重要なポイントの1つは結露対策です。結露はカビやダニが発生し人体に影響する他、家の耐久性にも影響します。

悪影響を及ぼす内部結露

目に見えないところで起こる内部結露は、建物を支える柱などを腐らせ、建物の強度を弱くします。

 

また結露が起きると、カビやダニの発生を助長しアレルギーやアトピーなどの健康被害が発生する可能性が高くなります。目に見える結露に対しては解決策を見出すことはできますが、 見えないところで起こる結露に対しては、解決策を見出すどころか、結露が起こっていることさえ気づいていないのが現状です。この内部結露を気づかないまま放っておいては危険です。カビ・ダニの発生しやすく、崩れやすい不安な家になってしまいます。では、大切なマイホームを内部結露から守るためには どうしたら良いのでしょうか?断熱性を高めることで、建物の内外での温度差を少なくできるので、結露が起こりにくくなります。断熱性を高めるには、断熱サッシを使う、外断熱工法にする、内断熱にするなど、様々な方法がありますが、当社では、ダブル断熱を採用しております。

 

採用しております。また断熱性だけにこだるのではなく、家が呼吸できるよう外断熱パネルや、吸放湿性で適度な湿度を保つセルロースファイバーなど湿気対策にもしっかりと対応しております。

 

高気密高断熱サッシ+LowEガラス

・内装材と接するアングル部を樹脂製にすることで枠周りの結露を軽減。

・複層ガラスが窓から伝わる外冷気をカット。ガラス面の結露を軽減します。
 

 結露対策

 

 

複合断熱サッシ

 

 

桧 

 桧(ヒノキ)は、言わずと知れた日本を代表する高級な木材です。桧の丸太の外径は真円に近く、株から末口にかけての先細りが少なく、真っ直ぐに育てられているために製材しても木目のよく通った、木柄の良い製品に仕上がります。木目の美しさだけでなく、桧は耐久性に優れているので家のあらゆる場所に用いらする柱や土台に最適ですれますが、特に建物の寿命に影響。当社のお家も柱と土台は桧の乾燥材を使用しています。
またその他の箇所についても、集成材は使用せず全て無垢材を使用しております。無垢材は湿気の放排出を行いますので、湿気対策にも有効です。

桧の乾燥剤

 

屋根材
屋根材は粘土瓦『カパラスS瓦』を使用しております。■粘土瓦の性能・品質粘土瓦は耐久性に優れ、他の屋根材が施工後10年~20年程度で補修、塗装などのメンテナンスが必要であることに対し、災害などによる被災や建築物の構造に問題が無い限りメンテナンス不要です。台風、地震などの自然災害に対しても、安全が実証されている「ガイドライン工法」などの採用により安心してお使いいただけます。(「ガイドライン工法」とは、瓦業界により、阪神・淡路大震災や今後発生が危惧される東海大地震を想定し、耐震実験をおこない、震度7クラスの激震にも耐えることが証明された粘土瓦の施工方法です)また、粘土瓦は、断熱性、遮音性などの住まいを快適に保つ特質を持ち、とても優れた屋根材です。

屋根材

 

 

■安全・安心への取り組み

 

健康 快適 耐震 耐久 コスト 信頼
健 康 快 適 耐 震 耐 久 コスト 信 頼

 

 

 トリプル断熱&自然素材の家TOP安全・安心への取り組み